ケアネット播磨住み慣れた地域で安心して老後を。二市二町コミュニティケアネットシステム

Home » 介護のご案内

介護が必要な時は

もしも介護が必要になったら

イメージ

介護保険を利用したいが相談はどこに?
一緒に暮らしているおじいちゃん、おばあちゃんの様子が最近
おかしいなど、相談・支援が受けられる窓口をご紹介いたします。

たとえ「介護が必要な状態」になったとしても
あるいは「認知症が発症」しても
いきいきと暮らしていくために。

介護が必要かな、介護保険を利用したいと思う。

高齢者に関わる介護や福祉などに関する地域の相談窓口として地域包括支援センターが設置されています。お近くの地域包括支援センターまたはお住まいの市町の介護保険課へご相談ください。

認知症かどうか不安だ。

一緒に暮らしているおじいちゃん、おばあちゃんが
すぐに忘れてしまうなど様子が最近おかしいような気がする。

認知症の症状に最初に気づくのは本人です。
もの忘れによる失敗や、今まで苦もなくやっていた家事や仕事がうまくいかなくなる等々のことが徐々多くなり、何となくおかしいと感じ始めます。
日常生活の中のちょっとした変化に気づいたら、かかりつけ医・相談医等に相談しましょう。

加古川医師会「もの忘れ(認知症)相談医」一覧

尚、予約制のところもありますので、ご相談を希望される場合、前もって各医療機関にお電話等でお問い合わせ下さい。

また地域の介護サービス提供事業所では、認知症の方の介護へ重点的に取り組んでいる事業所がありますので地域包括支援センターやケアマネジャーとご相談ください。

「認知症」など探したいキーワードを入力してください。
キーワードを掛け合わせたい時は「加古川町」スペースを空けて「認知症」と入力してください。

介護保険で対応できないような生活する上で困ったことがある。

各市町や公共団体に福祉制度や窓口などが用意されています。
利用できる制度や窓口がないかご検討ください。

介護保険制度について